www.iscfja.org

-

-

残念な事に現在ではきわめてまれにある時を例外として商品券の店舗に行ってもクレジットカードを活用する事が出来る売店などないです。その事で、JCB、Diners clubなどの金券を運用した直接でないクレジットの例は実際には使うことは不可能なのです。じゃあどういう技術を使えば直接でないクレジットカード使用が可能なのでしょう?と言われるとそれはこの頃幅広く支持されている電子マネーという名称のPASMO、Smart Plus、とかVISA Touch、nanacoなど。実のところ、このようなもの駆使して遠まわしに使うクレジットカードを行うことも可能なのです。Edy、QUICPay、またはSuica、VISA Touch、nanacoなどはクレジットで買い取ることが可能なギフト券:PASMO、Webmoney、QUICPay、だったりnanacoなどに精通していない人から見てみたら、わけもなくハードルが高いイメージを連想する可能性があるかもしれないですが、これらの電子マネーはいわゆる普通のギフト券なのです。VISA、MasterCard、NICOSなどの金券と全く変わりはありません。そしてそういう電子マネーという物はクレジットカードを使って易しく購入することができるという事が特徴なのです。重ねてこれらの電子マネーという物は目下、カラオケをかわきりにレストランや多種多様な飲食店などなどといったところでも用いることが可能なようになっているようだ。「当ショップの品物の購入にはクレジットはご活用になれません」という風に明記してあった販売店においてもEdy(エディ)、Webmoney、であったりWAON、nanacoなどであるなら活用できる例が色々あるのです(ローンポイントが確実にゲットできる)。いわばクレジットが活用できない店舗においても間接的にカードを利用する手法でクレジットポイントをもらえる分だけもらってほしいというテクニックです。普通、ショッピングをしているばかりではゲットできないカードポイントだから何としても、活用する事をやってみて下さい。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.