www.iscfja.org

-

-

自賠責保険とは正式名称で自動車損害賠償責任保険という保険で、略すと自賠責保険と言われる保険になります。この自賠責保険は通称強制保険と言われ愛車を定期車検に通すときには決まっている車検の期間に効果のある自賠責保険に加入していなければなりません。つまり全てのクルマが加入する必要がある保険です。それでは車が自賠責保険に加入したまま売却した際にはどうなるか考えてみましょう。自賠責保険という保険は車検の際に更新をするというケースが比較的多くあるものですが、もし自動車損害賠償責任保険が付いたままの自動車を売却したケースでは払った金額が戻ってくるということはあまりないのが普通です。なぜならば自賠責保険の効力を一度外して新たなオーナーに移行することはやや面倒くさいのです。ですので、自賠責保険というものは、名義変更をして自動車と一緒に手放すのが基本です。しかしその代わりの価格を商品代に足してくれます。自動車損害賠償責任保険は自動車税と違い、既に支払った額を1ヶ月単位で割った額が返ってくるやり方ではなく買取額に乗っける方法がとられるのが普通ですが、この上乗せが見積もり書に明記されるようなことは稀です。ですので車買取の場合には自動車損害賠償責任保険を考慮した額が買取額に含まれているかをチェックしてください。自分が納めた額がどのくらいの額かをわかっていれば、大丈夫です。自賠責保険の保険料は加入期間によって異なるため、注意してください。クルマの廃車の時には保険の名義書き換えをしなければなりません。仮にこの作業を忘れていたら、保険業者からあなた宛てに自賠責の満了を知らせる便りが届いてしまいます。あなたが手放すか悩んでいるマイカーがほんの少しでもお得に評価されることを応援させて頂きます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.