だけどナンピン買いは

-

-

どこにでもある経験の浅い方向けの外国為替証拠金取引の雑誌では、「損失を被った場合はナンピンをして全体のコストをコントロールする」などと説明されていると思いますが、実際にはナンピンには相当の危険が待っています。エクオール 口コミ

とりあえず、ナンピンの原理に関して分かりやすく述べます。血糖値測定器 比較

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。ハーブガーデンシャンプー

$買いということで円安に推移するほど利益が出るわけですが、不幸にして95円までドル安方向に触れたとします。ポリピュアEX

その場合ポジションを所有し続けたら損がなくなるまでには、損失分、ドル高に向う必要があります。http://cqzhgg.com

誰もがみんな、マイナスはなるべく早く戻したいと願うだろう。ちふれ BBクリーム

このためはじめに買ったのと同じ分のドルを、1ドル=95円で取引します。酵素ダイエットは体験者から口コミでじわじわと広がり

それによって、平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで下げることができますこれで、2.50円の幅で円安ドル高が進めば損を回復できます。

これが、ナンピン買いのロジックだ。

このとおり、ナンピンの方法を目にすると、「まちがいない」と思ったりするが為替相場は容易には思うようにはいきません。

元々、1ドル=95円が底値だということなど、誰にも分かりません。

外国為替市場が相当のドル安基調だとすると1ドル=95円では収まらずさらにドル安にいく確率はあります。

仮定として、1ドル97.50円でナンピン買いをして1ドル=95円まで円高が進んだら、ナンピン買いした分にも差損が生じます。

そういう状態では一番初めに保有したポジションと合わさって、2倍の損失が生まれます。

この通り、ナンピン買いは厄介です。

ならば、相場が筋書きとは反対の方向にさっさと向ってしまった場合どんな方法でリスクを避ければいいのでしょうか。

そういう時には選べる道は2つしかありません。

まずひとつめは潔くあきらめて、損切りをすること。

ふたつめは、自分が所持しているポジションを小さくする事によって、再び外国為替市場が回復するのを何もしないで待ち望むことです。

少し後ろ向きな手段だと思う方もいると思います。

しかしながら、自分が所有しているポジションに差損が出た時正しい術はそれ以外には期待できない。

確かに、理屈の上では、ナンピン買いをする術も有効です。

だけどナンピン買いは、あなたが損失を出している状態にもかかわらずポジションを小さくするどころか、逆にポジションを重ねていく考え方です。

それでは、危険を制御することなど、どうやってもできないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続ければいつの日にか勝てるかもしれない。

でも、それより前に資金は無くなってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.