逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に成り代わり介入

-

-

為替介入というのを聞いた事がありますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、雑誌、報道番組、ネットなどの報道記事で目にした人もいるでしょう。http://webmania.to

元から外国為替平衡操作(為替介入)といえば日本の場合、・大臣(財務大臣)為替相場の安定を保てるように行なう方法として見なされています。

わかりやすく言えば、極度の円高または円安の場合に財務大臣の命令に従って中央銀行である日銀が円を売り買いすることで円相場の安定をさせる、ことを言います。

外国為替平衡操作(為替介入)とは種類があるのです。

1.単独介入・・・政府・日銀が、東京市場の中で直接市場に参加し為替介入(外国為替市場介入)をする。

2.協調介入・・・多くの銀行などが協議し、各々の通貨当局のお金を活用して一緒あるいは断続的に外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・他の国の銀行などへ向けて為替介入(外国為替平衡操作)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の通貨当局に成り代わり介入を遂行する。

このような種類です。

どのやり方の為替介入も短期に、あるいは引き続いて市場に影響力を与えるはずです。

外国為替市場介入(為替介入)の資金は自国のプライドをかけて行なうのですから桁違いです。

円ベースで説明すると、いつもはほんの少し変動する円相場が突然数円ごとの動きをするのです。

個人で投資をしている方であれば今までに経験があると推測できますが、それまで上手に含み益(もしくは損失)が多くなっているポジションを持続していたのに、その持ち高が決済しましたとのことで報告がFX業者よりEメールが来ました・・・どの程度の儲けかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済後の情報を確認したら、自ら思っていたのとはまったく反対の結果になってしまい驚いたといったことがありました。

為替介入が実施された時に多く聞く話です。

この例のように外国為替平衡操作(為替介入)が施行されると、為替市場のトレンドとまったく反対の動向をするものです。

なおかつ変動する金額の範囲は非常に大きく変化しますので用心が必要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.