こういった宣伝看板は

-

-

クルマを走らせていると、「車を利用したままで即日融資可」などという看板やポスターが目に付くことも多いでしょう。

こういった宣伝看板は、車を担保として融資する広告群であることが多いと思います。

車担保融資と呼ばれている言葉は、耳にしたことがあっても、実際にどういう融資のスタイルなのかあまり知らない人も少なからずいるのではないでしょうか。

車担保融資とは、それほど少数派のキャッシング方法ともいえると思います。

車担保融資では、愛車を担保にすることで、車の現状の売値価格を出し、その額の査定限度内でローンを基本行っています。

通常のクルマ買い取り専門店での査定と同じく、距離を走っている車や修復歴がある車であったりすると、査定金額が低くなってしまうことがありますので車を担保として融資を受ける時には知っておくといいと言えます。

車担保融資は、「乗り物」という手で触れるものを保険として抑える方法ですので、金融業者などで借り入れがストップしている人でも簡単に査定範囲内でのローンキャッシングを行ってもらえるようです。

さらに言えば、貸金業者でのキャッシングには色々な手順や面倒な審査などがありますが、車という担保を利用して行うローンキャッシングですから、そういうものが必要としないこともあるはずです。

つい最近では、自動車を返済に行き詰った際の保険にしてローンを受けても、車を今までと変わらなく引き続き利用することが出来る車の担保融資も増えてきていると思います。

しかし、ローンキャッシングの欠点としては、クルマの査定額にキャッシングの限度額も影響するので、所有する愛車によって、自分が期待する価額のキャッシングを受けられないということも十分あると耳にします。

自動車を返済に行き詰った際の保険にしますから、万が一支払いが出来なくなった場合は、すぐさま自動車を売らなければならないのも、欠点です。

愛車が日常の必要アイテムである地域では、クルマを、返済ができなくなった際の保障とするローンの手段は、随分危険があるといえるかもしれません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.