4銭になったりする場合があります

-

-

「スプレッド」とはFXは外貨をトレードして差益を狙う商取引です。アコム 審査

価格は、二十四時間上がったり下がったりします。ビフィーナ

これがレートです。愛され葉酸

ラジオを聞いていると、市場のニュースが流れる場合があります。http://dogsuniverse.com/isika/

例としてあげると、「ただいまのドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。nona ニキビ

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを意味しています。

別の言い方をすると、FXには買いと売りの2つの価格があるという事です。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示する業者もあったりします。

売値が買値よりも安く決定されています。

買値は高く、売値は安くなるはずです。

この差額をスプレッドといい取引業者の稼ぎとなっています。

スプレッドの幅は業者によって変わります。

スプレッドの差は利用者にとってコストになるので狭い取引業者をピックアップしたほうが有利です。

ただし、同じ取引会社でも場面によってスプレッド幅は変化します。

例えば普段はドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの幅だったとしても相場の変動が大きいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと同様に、安定しているのが必要です。

変わらないスプレッドの幅を表示するFX取引会社もたくさん存在しています。

リアルに業者の注文画面の中でリアルな為替相場を調べなければ見分けられないのでやっかいですが、大事な事です。

多くの財産を使ってトレードをするのですから、取引の前に魅力的に思えた会社の取引口座開設をして、提示されているスプレッドの幅を確認しましょう。

同じ通貨でも、その時間帯の為替相場の条件によって、通貨ペアのスプレッドの狭さは変わることがあります。

いつもはインターバンク相場で取引量の多い通貨ではスプレッドの広さが狭く、他のペアではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.