正しい決断と対策が大事

-

-

思いつきもせず突然起こるのが交通事故です。青汁 浜内 料理研究家

その場面でどんな風に行動した内容が要因となり自動車の保険金の受け取り額も大きく違ってくる時もありますので正しい決断と対策が大事です。光目覚まし

想像できないアクシデントに気が動転してしまえば必要不可欠な工程を見失ってしまい、自分自身がかなりの損をしてしまうケースも想像できるので自動車の事故に巻き込まれた時には正しく次に記述した処理を行いましょう。イオンカードのアップルペイはiDとsuicaが使える

自動車事故の遭遇した状況で第一にする必要があるのは負傷者の状況の確認です。かに本舗 評判

車の事故のすぐ後は訳が分からずショック状態になってしまう時がありすぐには行動できないのが当然です。電子辞書買取

怪我をした人がいた場合には安全なところへ移動してできる限りの処置を行い周りの人に助けを求める等人命救助第一を心掛けましょう。大正 キトサン 1000円

119番に電話をする時にははっきりと事故現場を知らせ分かりにくい場面では分かり易いスーパーや番地名を知らせ事故の位置が分かるようにします。クラウン 買取相場

2番目に110番に知らせ交通事故が起きた事さらに簡単な状況を話します。

救急車とパトカーが来るのを待つ間に怪我人のことを聞きます。

氏名、住所、免許証、車のナンバー事故の相手の自動車保険会社などなど自分だけでなく相手の情報を交換します。

この時事故の相手に過失があったような状況では、その場所でやりくりしようとする状況が考えられますが処理するのではなくどういった状態だったにせよ警察や保険会社に連絡してきちんと判断してもらう事が欠かせません。

関係者の内容を教えたら他の車のじゃまになることをやめるために障害になる物を道から取り除きます。

どうしても邪魔な物が通りかかった人の交通の妨げになっている場合は情報交換をするより早くその作業をしても大丈夫です。

次にあなたがお金を払っている自動車保険会社に連絡して車での事故があった旨を届け出ます。

車の事故から特定の時間の時に自動車保険の会社に報告していないと、自動車保険の適用除外となることも考えられるのでなるべく遅れることなく連絡することが大切です。

出来るのならば現場の証拠として携帯電話のカメラ等を用いて事故の現場や自動車の破損を見ることができる写真を撮影しておきます。

その写真は過失割合を決める時に役割となりますので、自分自身の愛車や相手の自動車の壊れた箇所を全て証拠写真として残しておくことが大事です。

この際に近くに人がいたのなら警察の人や自動車保険会社の人がやってくるまで現場にそのまま待機してもらうように話しておくことも重要です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.iscfja.org All Rights Reserved.